×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アララギ派

試験運用中
   こちらは、短歌結社「アララギ派短歌会」のホームページです 



樹木の四季

会員作品紹介
  

  縁の下より何匹も仔犬を取り出ししは四十年も前か母在りし頃か
                       常磐井猷麿


  縁ある二人の殿御に生かされていまあるよはひ愛し尊し
                       青木ゆかり


  白樺の梢しづかに相寄りぬ相寄りてゐる夕映の雲も
                       長森 聡


  UFOのやうだと人らの見遣る空バイクを止めて我も見上げる
                       石川 啓


  猫だつてにやりと笑ふ時がある陽なたに坐り我を見上げて
                       中めぐみ


  爪ほどの殻なれど雨のかたつむりこの野はなべておまへの宇宙
                       久我久美子


  その奥に何か秘密があるやうな雲に向かつてシャッターを切る
                       東野登美子


  ぽっかりとインヂゴ青の空に開く半円の穴眩しく覗く
                       いづみ菊乃


  しづかに眼を伏せて仏陀の半眼を真似て立ちゐる楡の木の下
                       楠 誓英


  あす雨が降ったら傘を回すのさ周りに人のゐないところで
                       宮崎大智


  バス停でアゲハと僕は膝抱へ雨が止むまで空を見てゐた
                       森 星象 


  目の奥がキシキシと鳴る 人生の思はぬところに穴があいてゐる
                       田中教子


  私は鳥や雲より風になりたい姿のあるものは自由ではないから
                       天西舞香


  次々に弾けし白き綿畠アオスジアゲハはゆっくりと飛ぶ
                       谷地充子


  身の内に葉緑素などあらねども吾は毎朝目を覚ますなり
                       森垣 岳



名称 アララギ派短歌会
主宰 常磐井猷麿
住所 〒515−0044
三重県津市一身田町742
電話 059−232−3887